« 金太の大冒険30周年記念競走 | トップページ | 「毎日かあさん」論争、表現の自由か教育的配慮か »

危険かもしれないドラマ

あらかじめ書いておくがオレは思想的にニュートラルだと思っている。右でももちろん左でもない。
もう一つ、アメリカによる原爆投下を肯定する物でももちろんない。それどころか激しく否定し、全世界が核装備を直ちにやめるべきであるとも思う。

と言う前置きをして始めるが。昨日放映されたTBS系のドラマ涙そうそうプロジェクト第一に物申す。

これも正直に書くがオレは見ていない。しかしCMはうんざりするほど見た。で思うのだがこのドラマなんで

涙そうそう

なんだ?
別にこの曲自体は反戦ソングでもなければ広島の曲でもない。じゃあどうしてこの曲を使う?
オレにはさっぱり理解出来ないくせにこれがドラマの主軸になっていたりする。
で、これはあくまで想像なのだが

涙そうそう→沖縄の歌→反戦

なんじゃないか?でもこの図式ってサヨの頭の中そのものじゃねえか!
で、散々涙そうそうをBGMにしたこのドラマのCMが流れる。

TBSにはこのドラマを宣伝したい以外の意図があるんじゃないかと思うのは気のせいか?

« 金太の大冒険30周年記念競走 | トップページ | 「毎日かあさん」論争、表現の自由か教育的配慮か »

コメント

TBSが視聴者から涙が止まらないエピソードを募集し映像化する「涙そうそうプロジェクト」で、戦争体験の応募が多かったので、第一弾は広島を舞台に戦争を描いただけ。第二弾は内容を知らないが、第三弾の映画は兄弟愛がテーマ....特に危険な香りはしないんだが。
というか、想像でそこまで書いていいものか疑問

>すなっち
たしかにドラマの内容に興味のない人間が余計なところに目がいっただけの話かもしれんけどね。

でもあの繰り返し繰り返しエノラゲイの映像のあのCMやっていたらそう思えたもん。
そもそもあのCMじゃドラマの内容さっぱりわからないし。

あ、私はそのCMは一度も見てないんだよ(^_^;

「涙そうそうプロジェクト」って知らずに、そのCMを見たら、いろいろ疑っても不思議は無さそうだ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 危険かもしれないドラマ:

« 金太の大冒険30周年記念競走 | トップページ | 「毎日かあさん」論争、表現の自由か教育的配慮か »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

気になるお天気♪



  • -天気予報コム-

I Love CEREZO

みっくみくにしてあげる!