« りんごじゃなくて巨星落ちる…というかもう落ちていた。 | トップページ | 我が家の曜一朗のサイン »

ついに痛車が日本のレースの頂点に!

まさかこんなことが実現する日が来るとは思わなかった!

MOTUL勝利もS Roadが王座! 300はミクZ4が戴冠
http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=37028《オートスポーツweb》

4年前こんな一見馬鹿げた企画を見た。

「痛車が(一部で)はやってますよね。じゃあ初音ミクを描いた車をスーパーGTで走らせよう!で、個人でグッズ付きのスポンサーを募集するから応募よろしく!」と

んなアホなwwwと思いつつ痛車をカルチャーとして認めており、見るのはすきだがやるのはいやだの俺がいっちょかみした。

俺を含めて682人の勇者(?)が集まった。

しかし最初の車は遅かったのなんのって。

そりゃそうだ。市販車を無理矢理改造して、街のガレージのにーちゃんがメンテして、街の印刷屋さんがカラーリングして、街の運送屋さんがマシーンを運んで…。

ちゃんとサーキットを回ってこられるかどうかも怪しい代物だった。それよりもっと大変なことがあったそれはあまりにも遅くて

レースに出られない

ことだった。トップタイムの116%位内(たしか…)の予選タイムを出さないと危なくて出場できないというルールがあったからだ。
予選がまともに走れなくて、当日朝のフリー走行で基準時計をなんとかだして、嘆願書という物を主催者に出してお願いしながらレースを走っていた。

それでも楽しかった。見に行った鈴鹿でサイハテの絵の描いたBMWを見て嬉しかった。
毎周回ちゃんと回ってくるか子供の運動会を見守るような気持ちで見守っていた。

でも、ダメだった

個人スポンサーもだいぶ集まりだしてチームというかメインスポンサーがやる気になってきた。

とあるシーズンの始め。今年もやりますって発表があった記事に「表彰台のてっぺんを目指して下さい。」って書き込んだ。

前年、ようやく9位に入賞できて大喜びしていたのに。

ずいぶん無茶振りを書いたと我ながら思った。

それが今年は3勝(複数回優勝しているのは4号車のみ!)でシリーズチャンピオンに!

今年も鈴鹿のピット裏に行った。車は前年、ドバイのレースで勝った中古とは言えバリバリのGTカー。ピットはRSファインという去年まで有力チームをやっていたクルー。ペイントは専門の業者で、立派なトラックがピット裏に付けられていた。

でも、相変わらず個人スポンサーがたくさんいて、スタッフが手配りでお手製の缶バッチを配っていた。最初に走っていた頃のままだった。

初期の頃のスタッフの志、持ち出しでもこんな車を走らせたいという情熱が無かったらこんんな偉業は達成できなかったと思う。

全ての初音ミク痛車に関わった人たちへ

おめでとう!

Dscf5926


|

« りんごじゃなくて巨星落ちる…というかもう落ちていた。 | トップページ | 我が家の曜一朗のサイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15705/53006729

この記事へのトラックバック一覧です: ついに痛車が日本のレースの頂点に!:

« りんごじゃなくて巨星落ちる…というかもう落ちていた。 | トップページ | 我が家の曜一朗のサイン »

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

気になるお天気♪



  • -天気予報コム-

I Love CEREZO

みっくみくにしてあげる!